d0032693_8324079.jpg


あの山の上から吹いてくる風
命の風
腕の中のきみに
もう1日
20年間ありがとう
愛と感謝の言葉を言う声も
もう聞こえなくなったね

「もう行かなくちゃ」
今朝、僕の耳に聞こえるはずない声が
あれは
マノアの風に姿を借りた
猫の神様の声?

今夜もラナイで一緒に星空を見上げよう
背中をそっと撫でながら
愛の言葉をささやくから

明日の朝は、また風に吹かれて
お気に入りのブラシで髪を梳きながら
感謝の言葉を言うから

そしたら、もう心配しなくていいよ
もうがんばらないで
僕はだいじょうぶ
一緒にいて幸せだったこと
そのことを思うから
大きな大きな
目に見えない命の一部になったんだって
そう思うから

気付かせてくれたこと
教えてくれたこと
与えてくれたもの
胸に刻んで生きるから


猫の神様
残りの時間が
痛みも苦しみもない
穏やかな時間になるように
それだけは
お願いします
[PR]
by NuiDaisuke | 2008-12-06 09:40 | フォト


フォト・エッセイ from Hawaii


by NuiDaisuke

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Thank you for visiting.
コメント返しはしていませんが、いつもいただいたコメント読んで感謝しています。ありがとう。
メールはこちらへ↓
NuiDaisuke@gmail.com

カテゴリ

全体
フォト

海へ続く道


エッセイ
Video
プロフィール
リンク
Music
Memo

検索

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧